space
東陽園
line
space

ショッピング

space

おいしいお茶の入れ方

■手早くしかもおいしく【夏バージョン】

〜普通煎茶・深むし煎茶・釜炒り茶〜

熱いお湯で入れ、氷に注いで作る氷冷茶は、爽やかな香味と清涼感が楽しめます。

1.通常の入れ方よりも、やや低めの湯(60℃)、多めの茶葉(3g)で浸出時間も長くかけます。
2.浸出時間が経過したら、別の茶器に完全に注ぎきり、やや濃いめのお茶を作ります。
3.氷で満たした茶碗・グラスに2のお茶を均等になるよう注ぎ、軽くステアします。

line

■時間をかけてよりおいしく【夏バージョン】

〜玉露・普通煎茶(上)・深むし煎茶〜

冷水からじっくり時間をかけて抽出した水出し茶は、上品な旨みとコクが楽しめます。

1.急須に茶葉を人数分(一人分ティースプーン山盛一杯 3g)入れ、氷少々と冷水を適量  加え冷蔵庫で30分程度冷やします。
2.冷蔵庫から取り出し、急須のふたを取りスプーンなどで軽くステアします。
3.あらかじめ冷やしておいた茶碗に均等の濃さと分量になるようつぎわけ、完全に注ぎきります。

(C)Copyrights TOYOEN 2003-2008. All Rights Reserved.